アフィリエイト初心者が大金を稼ぐブログ

ブラック企業を退職した管理人がアフィリエイトで四苦八苦している様子を公開します

*

サイト開設初期にアクセスアップするために私が心がけている4つのこと

      2015/08/14

515e1cb30ca8c09e926b60d6a665e661_s

サイト開設後の初期段階はアクセスを集めにくい

アフィリエイトで稼ごうと思って意気揚々と新しいサイトを作っても、サイトを作った直後は検索エンジンからのアクセスがほとんどなく、モチベーションは下がりがちです。

新規にドメインを取得した直後は、「エイジングフィルター」と呼ばれるフィルターが発動するケースがあります。これが発動されると、検索結果が圏外に飛ばされて自分のサイトに対するアクセスがほとんどなくなります。一定期間を経過すればエイジングフィルターは解除されるのですが、その解除されるまでの期間が数週間から半年間とも言われており、最近ではそのスパンが以前よりも伸びているような実感があります。

エイジングフィルターを解除する方法

それでは、サイトを作ったばかりの状態でエイジングフィルターにかかってしまったら、どのように対処すれば良いのでしょうか?結論としては、エイジングフィルターが解除されるのを待つしかありません。これをすればフィルターがなくなるといった処方箋は、残念ながら存在しないのです。

しかし、対処法がないからといって何もしなければアクセスは全く増えていきません。1日のPV数が10PVに満たない日が続けば、誰だって記事を更新する気力がなくなっていきます。そんな期間が長引けば長引く程、記事を書き続けることを諦めてしまう確率が高まっていきます。

だからこそ、サイト開設初期には、アクセスアップのためにより一層努力する必要があります。エイジングフィルターが解除されてある程度までアクセスが増えてくれば、そこからは新規記事の投入と共にアクセスも右肩上がりに増加していくでしょう。新規記事を追加してもアクセスが伸びないのは最初だけです。それに、アクセスアップをするために良いサイトを作る努力を続けていれば、Googleにおけるサイトの評価が高まって、エイジングフィルターの解除が早まるかもしれません。

サイト開設直後にアクセスアップをする方法

そこで、ここからは私がサイト開設してから1ヶ月から3ヶ月くらいの内に、アクセスを増やすために心がけている内容について説明していきます。

短期間で記事をアップする

まず新たなサイトを開設したら、どんどん新規記事を投稿していきましょう。他のどの作業よりも優先する意気込みで、新たな記事を追加した方が良いと思います。

サイトを作ったばかりの頃は記事の数が少ないため、Googleのインデックス数も少なく、検索キーワードにヒットする確率は極めて低い状態です。また、せっかくサイトに訪問があったとしても、記事の数が少なければ他の関連記事を読んでもらうことは出来ませんし、やる気のないサイトだと思ってすぐに去ってしまうかもしれません。

そんなアクセスが少ない状態が長引けば、モチベーションは大幅に低下してしまいます。この状態をできるだけ早く抜け出すために、短期間で出来るだけ多くの記事をアップしていき、早期にインデックス数を増やしていくことが大切です。私の場合、以前から運営している既存のサイトの更新を多少ストップしてでも、新規サイトを優先して作業を行うようにしています

また、サイト開設直後は評価が低く、被リンクも少ないため、Googleのボットがクロールする頻度も少なくなっています。そのため、いつ来るか分からないクローラを待つより、webマスターツールの「Fetch as Google」を使って自分からクロール依頼を出しましょう。そうすれば、しばらくすると指定したURLをクロールしてくれます。

Fetch as Google

クロール依頼はwebマスターツールにサイトを登録していなくても行うことが可能です。「クロール依頼ページ」のURLにアクセスし、以下の手順でインデックスに登録したいURLを入力して「リクエストを送信」ボタンをクリックすれば完了です。

クロール依頼手順

クロール依頼は慣れてくれば一瞬で終わりますので、新たに記事を書いたら必ずやるように習慣化しましょう。

サイドバーのボリュームを増やす

サイト開設直後は、サイドバーが寂しくなりがちです。記事の数が増えてくれば、カテゴリやタグの数が増えてくるので自然とサイドバーも華やかになるのですが、最初の内はカテゴリの数も一つか二つしかないことが多く、閑散としている状態です。先ほど説明した記事の数と同様、サイドバーが「しょぼい」サイトは見る気をなくします。

そのため、少しでもサイドバーのボリュームを増やすことが大切です。例えば、最近投稿した記事やオススメの記事を多めに表示すると良いでしょう。他にも、検索ボックスを用意したり、twitterやFacebookの登録ボタンを設置したり、プロフィールを記載する方法もあります。もちろん、意味のない不要なものを無理して設置する必要はありませんが、やる気を見せるためにもある程度のボリュームを心がけることが重要です。

ブログランキングに参加する

また、サイト開設直後は、ブログランキングに参加するという方法もあります。自分のブログをランキングサイトへ登録すると、各ジャンルごとにランキング形式でブログを表示してくれます。ブログランキングの上位に表示されれば、それだけブログランキング経由で自分のサイトへ訪問してくれるユーザ数を増やすことが可能です。

サイトを開設したばかりの頃は、検索エンジンからのオーガニックなアクセスが少ないため、大部分がブログランキング経由のアクセスになることもあります。

私が登録している有名なブログランキングとしては、以下の2種類があります。

人気ブログランキング
にほんブログ村

ブログランキングで上位に表示されなければクリックしてもらえないのであれば、それは検索エンジンと同じであって、結局ブログランキングに登録しても新規サイトはアクセスが増えないのではないかと思うかもしれませんが、そうではありません。ブログランキングの順位付けアルゴリズムは、一般的に「INポイント」と「OUTポイント」の総量によって決まります。

INポイント・・・ランキングサイトから自分のサイトへのアクセス
OUTポイント・・・自分のサイトからランキングサイトへのアクセス

つまり、ランキングサイトにおいて自分のサイトが多くクリックされて、自分のサイトに設置しているブログランキングのバナーが多くクリックされれば、ランキング結果の上位に表示されるのです。そして、これは自演クリックすることが可能です。同一IPアドレスのクリックはカウントされないため、毎日1回ずつクリックすれば、それだけでポイントが加算されていきます。また、「人気ブログランキング」の場合には、マイページからポイントが加算されるくじ引きを毎日引くことができます。

ブログランキング抽選

ランキングに登録しただけで放置しているサイトも多く存在するため、自演クリックとくじ引きを毎日続けていれば、ジャンルによってはトップ10内に入ることも十分可能です。

アフィリエイト広告をあまり貼らない

サイト開設当初は、あまりアフィリエイト広告を貼らない方が良いと思います。サイトを作ったばかりの頃は、大金を稼げるかもしれないという期待感から、ついつい沢山広告を貼りたくなってしまいます。しかし、アクセスがほとんどない状態では、広告を貼ってもクリックされることは滅多にありません。

記事のボリュームが少ない状態で、サイドバーやヘッダーがアフィリエイト広告で埋め尽くされていれば、売り込み臭が強くなって、記事を読む側も「高い商品を買わされるんじゃないか」と身構えてしまいます。それによって、他の記事を読んでもらえなかったり、最悪の場合は二度とサイトを訪問してくれない可能性もあります。そのため、純粋にオススメの商品を宣伝する形で記事中にアフィリエイトリンクを張ることは問題ありませんが、記事中以外のサイドバーなどには広告は必要最小限にしましょう。

まとめ

サイト開設初期の苦労はアフィリエイトをしている人なら誰でも経験することです。その苦労を知っているからこそ、私も新規サイトを作るのが正直好きではありません。しかし、ここで一つの壁を乗り越えることができれば、将来は夢のような大金が転がり込んでくるかもしれません。

 - アクセスアップ