アフィリエイト初心者が大金を稼ぐブログ

ブラック企業を退職した管理人がアフィリエイトで四苦八苦している様子を公開します

*

専業アフィリエイターを目指して退職することの是非

      2015/08/14

073840

副業か専業か

アフィリエイトを始めるきっかけは人それぞれ異なるでしょうが、学生時代からアフィリエイトを始める人は少なく、大抵は社会人になってから小遣い稼ぎに始めたアフィリエイトで収入を得ている人が多いのではないかと想像しています。そうして、アフィリエイトである程度稼げるようになると、会社を辞めて専業アフィリエイターになることを考え始めます。

企業に雇われて働いていれば、どんなに眠くて疲れていようが毎日朝早くに起きて、全く解消される気配のない通勤ラッシュに耐えて、上司の理不尽さに辟易しながらも、深夜近くまで仕事をしなければなりません。一方で、アフィリエイトの場合、一度稼げるサイトを作ってしまえば、後は定期的に新規記事を投稿していくだけで、継続的にお金を稼ぐことが可能です。実際に、私の場合は副業としてアフィリエイトをしている頃は、土日のどちらかに1時間程度しかアフィリエイトに時間を使っておらず、それでも当時月額で30万円以上稼いでいました。これは、時給に換算すれば8万円近い金額になります。仮に会社の給料を時給1,000円とすれば、アフィリエイトの報酬はなんと80倍です。

もちろん、稼げるサイトを作るまでが大変なことは重々承知しています。今回お話したいのはそこではなく、運が良かったり、努力の結果として、もしもアフィリエイトでそこそこ稼げるようになった場合、会社を辞めて専業アフィリエイターになるべきか否かということを話そうと思います。

専業アフィリエイターの難しさ

私は現在会社に勤めてはいません。勤めていた会社は数か月前に辞めました。そのため、職業を聞かれれば無職やニートと答えています。ただし、実際にはアフィリエイトによって多少の収入を得ており、専業アフィリエイターとしての側面もあります。

しかし、私はアフィリエイトに専念しようと思って会社を退職したわけではありません。単純に会社の仕事に退屈を感じ、別の仕事も経験してみたいと思ったからです。だからこそ、今は細々とアフィリエイトを続けていますが、いずれは再就職することを考えています。このように、副業アフィリエイトも専業アフィリエイトも経験した私からすれば、専業アフィリエイターになることはオススメしません。

アフィリエイト収入は安定しない

まず、アフィリエイト収入は安定しません。仮に現在数十万円の収入があったとしても、いつまでもその状況が続くとは限らず、数か月後には数万円程度に減っている可能性は十分あります。もちろん、稼げなくなるリスクを内包しているのはアフィリエイトに限った話ではなく、どんな仕事でも似たようなものです。終身雇用が一部崩壊し、グローバル化に伴う競争の激化によって、企業が突然倒産するケースも増えてきました。業績の悪化によって整理解雇を募集する企業も出てきています。そうなれば、自分がいつリストラされるかは分からず、将来的には収入がゼロになることも考えられます。

しかし現状では、そういったケースはまだまだ多い事例ではなく、上場企業の正社員であれば大部分の人は問題ないと思います。それと比較すれば、アフィリエイトで稼げなくなるリスクの方がずっと大きいです。アフィリエイトの難しいところは、これをすれば絶対に稼げるようになるという必勝法がないところです。「これを試してみた結果、クリック率や成約率が高くなった」といったように結果論として成功することはありますが、それと全く同じ手法を別の誰かが実践しても、稼げる保証はどこにもありません。私はアフィリエイトを始めてから2年近くが経過しますが、それでも正直アフィリエイトで成功する秘訣は分かりません。

しかも、アフィリエイトには突然死するリスクもあります。例えば、無料ブログの場合、アカウントを停止されれば、ある日突然問答無用でサイトは消滅します。また、Googleのアルゴリズムが変わった結果、検索結果の上位に表示されていたサイトが100以下の圏外に飛ばされれば、実質的にサイトが消滅したのと同じようなものです。他にも、アダルトアフィリエイトの場合には、性器にモザイクをかけていない無修正映像が日本の法律で禁止されているように、今後成立する法律によってはサイトの運営が続けられなくなるかもしれません。最近のニュースで言えば、TPPによって著作権の非親告罪化が適用されれば、アダルト動画サイトを運営している人やアダルトDVDの画像キャプチャを掲載しているサイトは告訴される危険性もあります。

つまり、アフィリエイトは稼げる必勝法がないことに加え、突然死するリスクさえもあるということです。だからこそ、アフィリエイ収入は安定しませんし、実際に私の場合、1万円以上の報酬が発生する日が連続したかと思えば、ある日を境に急に報酬が発生しない日が続いたりします。年齢が若くて独り身であれば、最悪のときは両親にパラサイトすることが出来るかもしれませんが、結婚して子供がいたり、家のローンが毎月発生している状況では、こうした不安定な職業は到底できるはずもなく、専業アフィリエイターになった場合は精神的なストレスも多くなると思われます。

出費が多い

会社を辞めて感じることは、毎月固定で出ていくお金が多いということです。一般的に、どのような出費があるかざっと整理してみましょう。

(1) 所得税や住民税などの税金
(2) 国民健康保険や国民年金などの社会保険料
(3) 賃貸料や持家のローン
(4) 食費や光熱費

私は現在独身なので毎月発生する主な出費はこれ位ですが、結婚していたり、子供がいればさらに増えるでしょう。企業に勤めている頃は源泉徴収されるために全く意識していませんでしたが、退職して納税の通知書が自宅に届くと、その金額の大きさに驚きます。私の場合、上記の税金と社会保険料だけでもひと月あたり20万円近くになり、家賃代などを併せれば相当な金額の貯金が「毎月固定で」減っている状況です。毎月20万円以上をアフィリエイトで安定的に稼ぐことは簡単ではなく、いずれ収入を支出が上回る可能性も高いです。

正社員であれば、健康保険料は会社側が半分負担してくれますし、社宅や寮がある会社もあれば、家賃の補助制度を設けている企業もあるでしょう。会社を辞めればそういった福利厚生もなくなるのですから、金銭的な負担感は一気に増えます。アフィリエイト収入が継続的に100万円近く発生している凄腕アフィリエイターや、貯金や不動産などの資産を多く持っている人を除き、大部分の一般人が専業アフィリエイターになれば、金銭面で非常に苦労するはずです。

まとめ

今回の記事では、専業アフィリエイターは推奨しないという弱冠ネガティブな内容になってしまいましたが、これは私が最近アフィリエイトで上手く稼げていない現状から感じていることです。しかし、退職してアフィリエイトに専念すればアフィリエイト活動に費やせる時間は圧倒的に増えるでしょうから、副業時代よりも稼げる可能性が大きくなることは確かであり、必ずしも専業アフィリエイターになることを反対する訳ではありません。実際に、アフィリエイト業界には専業アフィリエイターとして活躍している人も少なくありません。また、結婚の相手方が正社員として働いており、そこまで金銭的に生活に苦労していないのであれば、パートやアルバイトの代わりとしてアフィリエイトに専念することは大変良いことだと考えています。月並みですが、最終的には自分で責任を持って決めることであり、その参考になれば嬉しいです。

アダルトアフィリエイトマニュアル
1,000万円以上稼いだ独自の実践的ノウハウを公開
主にブログでは言及していないコアな情報に関してマニュアルを作成しました。ブログでも様々な情報を無料で公開していますが、管理人のアフィリエイト手法についてさらに詳しく知りたい方は、是非参考にしていただけると幸いです。マニュアルには以下の内容が書かれています。
・ブログでは公開していないジャンル選びのポイント
・効果的なサイト作りの方針からレビュー文の書き方
・クリック率&成約率を共に高めるリンクの設置方法
・比較サイトを制作してみた実験結果
・一番稼いでいるメインサイトのアフィリエイト手法やジャンル
上記の内容はマニュアルの一部になります。詳細な内容に関しては、以下のリンク先をご覧ください。

 - アフィリエイトの稼ぎ方