アフィリエイト初心者が大金を稼ぐブログ

ブラック企業を退職した管理人がアフィリエイトで四苦八苦している様子を公開します

*

楽天アフィリエイトは儲かるか

      2015/08/14

084294

始めに

物販アフィリエイト業界ではアマゾンアフィリエイトと並ぶ最大手の「楽天アフィリエイト」ですが、皆さんは使っているでしょうか?楽天アフィリエイトは、私がアフィリエイトを始めてから最初に使ったASPです(詳細は「プロフィール」を参照) 。当時は1円も稼げませんでしたが、アフィリエイトの経験やノウハウが積み重なってきた現在、楽天アフィリエイトによる報酬が少しずつ増えてきました。そこで今回は、「DMMアフィリエイトは儲かるか」、「広告掲載サービス忍者AdMaxは儲かるか」に次ぐ「儲かるか」シリーズの第三弾として、楽天アフィリエイトについて私なりの意見を述べていきます。

楽天アフィリエイトの実践結果

楽天アフィリエイトが儲かるかという分析や考察に入る前に、私が楽天アフィリエイトを実践した結果どの程度稼ぐことができているか、データを見せて説明していきます。

月間アフィリエイト成果

以下の図は、今月発生した楽天アフィリエイトの成果報酬です。

楽天アフィリエイト報酬

クリック回数が559回に対して売上件数が40件で、アフィリエイト報酬は2,847円になります。正確には、ここには注文のキャンセルや自己購入といった承認されない成果も含まれていますが、私の場合は発生成果の7割程度は承認されており、そこまで大きな影響はないので無視します。

楽天アフィリエイト日別報酬

上の図は、日別のクリック回数と売上金額のグラフです。1日あたりアフィリエイトリンクが平均で約15回程度クリックされて、毎日3万円以内の「売上」があります。

どんな商品が売れるか

以上で楽天アフィリエイトでどの程度稼げているか見てきましたが、次はどのような商品が売れるのか詳細に見ていきます。

楽天アフィリエイト販売商品

上図は楽天のサービス別のアフィリエイト成果です。やはり楽天市場の成果が最も多いですが、売上件数の10%以上が「楽天トラベル」であることに驚きです。旅行は1回あたりの支払金額が大きいため、他の商品と比べてアフィリエイト報酬も多くなる傾向にあります。

さらに、楽天市場の商品を細かく見てみると、本当に様々な商品が売れていることが分かります。以下はその一例です。

・シルバーアクセサリー
・皮製品
・古着
・ドリンク
・薬
・コンタクトレンズ

私は英語学習法のブログで「書籍」しか宣伝していませんから、売上の大部分が宣伝している商品以外のものであることが分かります。楽天は、国内のオンラインショッピング市場で最大手のサービスとなっており、そこには約4万店舗も出店しています。だからこそ、日用品から高額ブランド商品まで色々なものが売れているのでしょう。

楽天アフィリエイトは儲かるか

このように、楽天アフィリエイトでは、ある程度の金額を稼ぐことが可能です。私の場合であれば、衣料品から旅行まで幅広い商品がアフィリエイトリンク経由で購入され、ひと月当たり数千円の報酬が発生しています。

先程、私が宣伝している商品以外の売上が大部分を占めていることを説明しました。なぜ宣伝していない商品が売れるケースが多いのかと言いますと、楽天アフィリエイトのクッキーの有効期間が非常に長いからです。楽天のヘルプページを参照すると、クッキーの有効期間が「30日間」であると明記されています。そのため、アフィリエイトリンクを踏んだユーザが30日以内に何らかの商品を買ってくれれば、自分の報酬になるのです。

「宣伝していない商品でも売れる」という現象が何を意味するか考えてみると、楽天アフィリエイトではアフィリエイターの宣伝力は必要ないということです。他のアフィリエイトであれば、宣伝している商品が売れなければアフィリエイト報酬は基本的に発生しませんから、記事を読んでいる人の購買意欲を高めるような宣伝文句を書く必要があります。そのため、商品のメリットとデメリットを押さえながら、説得力やインパクトのある文章を書くことができなければ、アフィリエイトで稼ぐことはできません。

しかし、楽天アフィリエイトの場合は事情が異なります。仮に宣伝している商品が売れなくても、その後に別の商品が購入される可能性が高いですから、宣伝文章が多少雑でも問題ありません。もちろん、宣伝している商品自体が売れるのであればそれが最良ですし、アフィリエイトリンクをクリックしてもらう必要性は依然として残っていますから、宣伝の仕方にも多少努力は必要です。

つまり、楽天アフィリエイトでいくら儲かるかというのは、アフィリエイトリンクのクリックに依存し、アフィリエイト報酬はクリック回数に比例するということです。私の場合、1ヵ月当たり600回近く広告がクリックされ、アフィリエイト報酬は約3,000円です。つまり、1クリックに対する単価は5円になります。

1ヵ月のクリック回数 1ヵ月のアフィリエイト報酬
100回 500円
500回 2,500円
1,000回 5,000円
10,000回 50,000円

実際には、サイトを訪問しているユーザの特性や宣伝の仕方などが影響してくるため、1クリックあたりの報酬単価はサイトによって幅があると思います。しかし、およその目安としては、1ヵ月間に1万回広告をクリックさせることができれば、月に数万円程度は稼げるということです。

楽天アフィリエイトのメリット

楽天アフィリエイトでは、いかにリンクをクリックさせるかが重要であることを説明してきましたが、今度はさらに深堀してメリットとデメリットを考えてみます。まず最初にメリットを挙げていきます。

アフィリエイト初心者でも稼ぎやすい

数あるアフィリエイトの手法の中でも、楽天アフィリエイトを使った方法は初心者でも稼ぎやすい分野だと考えられます。

楽天アフィリエイトで取り扱っている商品は、楽天市場だけでも5,000万点以上と言われています。そのため、普段から長く愛用している日用品や興味のあるファッションなど、自分に知識のある商品を選びやすいです。これに対して、保健や人材派遣、ITや資格など、アフィリエイトで稼げると言われているジャンルの大部分は高度な専門知識が求められるため、アフィリエイト初心者には挫折する可能性が高いです。

また、先述したように、記事を書くテクニックがあまり求められないことも初心者には適しています。そのため、日記風に思ったことをつらつら記事に書き、そこに楽天の広告を設置するだけで、アフィリエイト報酬が発生する可能性は十分あります。

アフィリエイト報酬が安定しやすい

もう一つのメリットは、アフィリエイト報酬が比較的安定しやすいということです。楽天アフィリエイト以外であれば、宣伝している商品が値上がりしたり、他に魅力的な競合商品が出現すれば、売上が減ってアフィリエイト報酬は激減します。しかし、楽天アフィリエイトの場合は、仮に宣伝している商品が売れなくなっても、その後には楽天で販売されている無数の商品に購入される余地が残っていますから、クリック回数を維持できている限り、アフィリエイト報酬が大幅に減るケースは少ないでしょう。

楽天アフィリエイトのデメリット

これまで楽天アフィリエイトの良い点ばかりを見てきましたが、今度はデメリットを考えていきます。

大きく稼ぐのは難しい

最大のデメリットは売上金額に対する報酬の割合が非常に低いということです。楽天アフィリエイトは初心者でも稼ぎやすいことを説明しましたが、稼げる金額の多寡は別問題です。楽天アフィリエイトの料率は1%がほとんどであるため、仮に1万円の商品を売っても100円の報酬しか発生しません。それ故に、数百円や数千円程度であればアフィリエイト収入を得ることは容易なのですが、数万円やそれ以上を目指すとなると、かなりのアクセスが集まるビックサイトを作る必要があるでしょう。

報酬の支払いが現金ではない

また、月額3,000円以内のアフィリエイト報酬は、現金ではなく「楽天スーパーポイント」で支払われます。さらに、3,000円以上のアフィリエイト報酬を貰う場合には、楽天銀行の口座を開設するか、楽天カードの発行をする必要があり、楽天愛好者でない場合には不便な仕組みとなっています。

まとめ

楽天アフィリエイトが儲かるかという問いに対する私なりの答えは、「大金を稼ぐことは難しいが、そこそこのアフィリエイト報酬であれば儲けることは簡単」という感じです。どのようなサイトを作って、何の商品を宣伝したいかは、完全にアフィリエイターの好みの話であり、それによって楽天アフィリエイトが向いているか分かれると思います。

比較的大量アクセス重視のサイト構造を目指すのであれば、楽天アフィリエイトは合っていると思いますし、逆にそこそこの数の訪問者に対して、商品の魅力をしっかりと記事の中で伝えたいというタイプであれば、もっと報酬率の高い商品を宣伝した方が良いでしょう。

私の場合は丁寧に記事を書いて商品の魅力をしっかりと伝えるタイプなので、楽天アフィリエイトはおまけ感覚で捉えています。今のところ楽天アフィリエイトで力を入れて稼ごうとは思っておらず、楽天アフィリエイトを使っている一番の理由は、記事の中で商品を紹介する際の画像が単に欲しかったからです。このように、人それぞれ色々な使い方があると思いますし、どんなやり方を選ぶにしても、大金を得ることは簡単ではありません。

 - アフィリエイトの稼ぎ方