アフィリエイト初心者が大金を稼ぐブログ

ブラック企業を退職した管理人がアフィリエイトで四苦八苦している様子を公開します

*

原因不明のアクセスダウン、私がアクセスアップするために実践したこと

   

6058a773aaf4cfd7dfde7a932eaf330b_s

報われなかった苦労

現在、アダルトアフィリエイトを中心として、アフィリエイトで2年以上稼ぎ続けていますが、実際には失敗ばかりしています。その輝かしい失敗談は「アフィリエイトの失敗」を見てほしいのですが、今回はまた新たな失敗例を報告します。

以前、「ブラックハットSEOで構築したアフィリエイトサイトの失敗例」という記事で、私が運営している150ページ位あるアダルトサイトのアクセスが、1日50PVに満たないことを説明しました。そのサイトは月額アダルト動画サイトの動画をレビューするタイプのサイトですが、記事の内容はあまり自分で書いておらず、月額アダルト動画サイトに掲載されている紹介文をコピーして載せていました。

今回は、それとはまた異なるアダルトサイトです。サイトの形態としては、同じように動画のレビューサイトです。ただし、今度のサイトは全ての記事を自分で考えて書きました。動画を一通り見てチェックし、レビュー文もそれなりに力を入れて書いています。サテライトサイトは1個だけ、しかもそのサテライトサイトはペラサイトではなく、記事の数が100ページ近くある比較的大き目のサイトです。アクセストレードは使っていません。このように、かなりクリーンな手法で作ったアダルトサイトです。

そのアダルトサイトのアクセス解析を見てください。

20151025101812

緑の棒グラフがPV数、赤の折れ線グラフが記事数です。記事の追加と共に、途中までは急激な勢いでアクセスが増加していますが、ある時期を境にアクセスが減少しています。アクセスが減っている時期に何か悪いことをした覚えはありません。それまでと同じように、地道に記事を書き続けていました。

たまに、「アフィリエイト初心者が稼げないのは、記事の更新を諦めてしまうからだ」という発言をして情報商材を売り込んでいるサイトを見かけますが、必ずしもそうではありません。そういった側面もあることは否定しませんが、上記の事例のように、自分としては頑張って記事の更新を続けているのに、アクセスが減っていくことがあるのです。例えば、知らず知らずの内にSEO上マイナスな記事を書き続けていれば、記事を追加するごとにアクセスが減っていく可能性があります。

このサイトでは、1記事を作成するにあたり30分程の時間がかかっています。そのため、サイト制作にかかった時間を合計すれば100時間程度になります。サイトを開設してから1年以上かけて試行錯誤してきましたが、結局は失敗に終わったのです。

アクセスを伸ばすために試したこと

アクセスが減少し始めてから、アクセスを復活させようと私なりに色々と頑張りました。正直、効果があるか不明なことも試しています。出来るだけ時系列で書いていきますので、参考にしてください。

コンテンツ量を増やす

アクセスが減少してから真っ先に試したことはコンテンツ量を増やすことです。文字数が無駄に多いことは問題ですが、基本的にテキストの量は多い方がSEO上有利だと言われています。そのため、全ての既存記事の文字数を2倍から4倍に増やしました。その際、なるべくロングテールで幅広いキーワードを拾うため、出来る限り重複しない内容を書くことを心がけました。それと同時に、投稿する記事の数自体も増やしました。

内部リンクを充実

サイドバーに内部リンクを増やしました。それまではサイドバーに30本位あった個別記事への内部リンクを50本位まで増やしました。

サイドバーのアフィリエイト広告を削除

サイドバーに10件程掲載していたアフィリエイトのバナー広告を全てはがしました。アフィリエイトリンクがSEO上不利であるかどうか、私には正確なことは分かりません。リンク先がスパムサイトである場合を除けば、アフィリエイトリンクも単なる外部リンクに過ぎないため、別に不利ではないという意見も存在します。しかし、いずれにせよ、一つのページから同一の外部サイト対して何本もリンクが張ってあるのは不自然だと思ったので、外してみました。

コピーサイトへの対応

スパムサイトからブログ記事を無断でコピーされた」という記事を書きましたが、ちょうどアクセスが減り始めた頃に、見ず知らずの他人から500ページ位記事を無断転載されていました。そのため、記事の削除を依頼し、被リンクをドメイン単位で否認しました。

タグページのnoindex化

ユーザビリティを上げようとタグを細かく付けていたのですが、重複コンテンツと見なされると嫌なのでタグページにnoindexを設定しました。

20151025110848

Google Search Consoleを見ると、noindexを設定してから1ヵ月以上の時間をかけてゆっくりインデックス数が減っています。ちなみに、Google Search Consoleに登録したのが8月後半だったので、それまでのインデックス数はゼロになっています。

スニペットの調整

スニペットとは、検索結果に表示される説明文のことです。

20151025112818

このスニペットは、Googleがページの内容を解析し、検索ユーザにとって最も適切な文章を自動的に生成します。また、検索のキーワードによってもスニペットは変わります。しかし、meta descriptionを設定することによって、スニペットの生成に関してGoogleにヒントを与えることができます。そのため、meta descriptionとして120文字前後の文章を設定しておけば、自分で考えた説明文がスニペットとして表示される可能性があります。

ただし、meta descriptionを設定したとしても必ずしもそれが採用される訳ではなく、meta descriptionの情報が、ページの内容を解析して得られる情報よりも正確な場合に採用されます。詳細は「ページのタイトルとスニペットを検証する」をご覧ください。

metaタグのSEO上の効果は薄くなったと言われていますが、今回のサイトではGoogle Search Consoleの「HTML の改善」にある「重複するメタデータ」という箇所で警告が出ていたので、スニペットを調整してみました。

DMMアフィリエイトのリンクを削除

今回のアダルトサイトでは、月額会員制のアフィリエイトとDMMアフィリエイトを併用していました。最初の数か月は月額会員制のアフィリエイトを中心に記事を書いていたのですが、徐々にDMMアフィリエイトの比重を増やして記事を投稿するようになりました。そうしたところでアクセスが減少し始めたので、DMMアフィリエイトがSEO上良くなかったのかと考えて、DMMアフィリエイトのアフィリエイトリンクを9割以上(50本位)削除しました。

アフィリエイトリンクを削除したため、単なるアダルトDVDのレビューサイトになった訳ですが、どうせDMMアフィリエイトで稼げていた金額は月額で1万円前後だったため、それがなくなっても対して影響はありません。また、売れている商品にはかなり偏りがあったため、人気の商品をレビューした記事にだけはアフィリエイトリンクを残しておきました。

内部リンクを減らす

上記で内部リンクを増やす対応をしたことを書きましたが、しばらく経過してから、逆に内部リンクを減らしてみました。内部リンクがサイドバーに沢山あると、ページ内容のキーワードが荒らされます。例えば、巨乳系のサイトを運営していれば、記事のタイトルにも「巨乳」と関連したワードが含まれるケースが多いと思います。サイドバーに内部リンクを掲載する場合、基本的に記事のタイトルをアンカーテキストにするため、内部リンクの数が多くなると、一つのページに「巨乳」というワードの出現率が必要以上に高くなってしまいます。

また、サイト内の記事は重複が少ない方が良いと言われています。例えば、あるページでは「巨乳なセクシー女優Aさん」について解説して、別のページでは「巨乳なセクシー女優Bさん」について記事を書くことが望ましいです。あるページでAさんとBさんについて記事を書き、別のあるページでもAさんとBさんについて説明することはあまり良くない訳です。

内部リンク

しかし、サイドバーに内部リンクが沢山あれば、上記の図のように「Fさん」について書いたページの中に、それとは関係のない「Aさん」というワードも「Bさん」というワードも表示されることになり、ページの専門性が減少してしまいます。ただし、一定数の内部リンクはユーザビリティの観点でもあった方が良いと思うので、50本位あった内部リンクを20本位まで減らしました。

最終的な結論

このように、まあ色々と試行錯誤した訳ですが、結局今の段階では成果が出ていません。実際にはこれが全てではなく、もっと細かい対策は他にもやりました。私はSEOに関して素人なので、SEO上逆効果なことを実践している可能性もあります。アクセスが減少した理由は不明ですが、アクセス数が減り始めた頃に、Googleのアルゴリズムにアップデートがあったことも関係しているかもしれません。

アクセスを伸ばすためにかなり時間を使って頑張った訳ですが、よくよく考えたら、アクセスアップしたとしても今回のアダルトサイトでは稼げないと思うようになりました(笑)。以前「アフィリエイト初心者が稼ぐためにはジャンル選びが重要」という記事を書きましたが、今回のサイトのジャンルに合う良質なアフィリエイト商品(報酬が高くて売れる商品)が全然ありません。深く考えずに結構ニッチなジャンルでサイトを作り、これまでは如何にアクセス数を伸ばすことだけを考えてきましたが、気がついたときには収益化の術がありませんでした。

そのためアクセスを増やすことは諦めて、今のところはサイトを放置するつもりです。せっかく1年以上かけて作ってきたサイトであるため、かなり無駄な時間を費やして勿体ない気持ちは強いですが、勉強になったと思ってポジティブに捉えたいと思います。

 - アクセスアップ, アフィリエイトの失敗