アフィリエイト初心者が大金を稼ぐブログ

ブラック企業を退職した管理人がアフィリエイトで四苦八苦している様子を公開します

*

広告掲載サービス忍者AdMaxは儲かるか

      2015/08/14

24bda3967d475046de48978b8862ceb0_s

アダルトアフィリエイトで使えるクリック保証型サービス

アフィリエイトで有名な広告掲載サービスに、「Google AdSense」があります。Google AdSenseは報酬単価が高く、ブログのアクセスを増やすことができれば、この報酬だけで生活している人もいるくらい魅力的なアフィリエイトプログラムです。その反面で、Google AdSenseはサイトの審査や利用規約が厳しく、情報商材を扱っているアフィリエイトサイトやアダルトサイトでは広告を掲載することはできません。

Google AdSenseが禁止しているサイトの例
・アダルト コンテンツ
・個人、集団、組織を誹謗中傷するコンテンツ
・著作権で保護されているコンテンツ
・薬物、アルコール、タバコに関連したコンテンツ
・ハッキング、クラッキングに関連したコンテンツ
・報酬プログラムを提供するサイト
・Google ブランドを使用しているサイト
・暴力的なコンテンツ
・武器および兵器に関連したコンテンツ
・その他の違法なコンテンツ

忍者AdMaxの特徴

私はアダルトアフィリエイトを専門にやっていますので、Google AdSenseを使うことはできません。そんなときに見つかったのが、「忍者AdMax」です。

面倒な審査がない

忍者AdMaxを利用するにあたり、面倒な審査はなく、登録後すぐにでも広告を掲載できます。

アダルトサイトにも広告を掲載可能

忍者AdMaxの広告はアダルトサイトにも掲載することができます。広告枠を設定するときにサイト属性として「アダルト」を選択した場合は、成人向けの広告が表示されるようになります。

忍者AdMaxサイト属性

2種類の報酬体系

忍者AdMaxは、広告が表示されるだけで報酬が発生する「インプレッション広告」と広告がクリックされた場合に報酬が発生する「クリック広告」の2種類の広告がランダムで表示されます。厳密には、毎回リアルタイムにオークションを実施することで、インプレッション広告やクリック広告の中から最も高単価な広告が自動的に選択される仕組みになっています。

豊富な広告枠

忍者AdMaxでは様々な種類の広告枠が存在します。例えば、PC向けのWebサイトに掲載する広告は、以下の中から選択することが可能です。

・300×250
・728×90
・468×60
・160×600
・200×200

このように広告サイズが豊富に用意されているため、サイドバーには「300×250」の広告を掲載し、フッターには「468×60」といった感じで、サイトごとの特性に合わせて収益を最適化できます。その他にも、アダルト・出会い等の広告を表示するか否かを選択したり、オーバーレイ広告の表示有無を選ぶこともできます。

スマホ対応

忍者AdMaxの広告はスマホ向けのWebサイトにも掲載できます。現在、スマホからインターネットにアクセスするユーザの数が、PC端末からのアクセスを超えると言われており、もはやスマホに表示できない広告は使い物になりません。忍者AdMaxでは、スマホ向けの広告として「インライン広告」と「オーバーレイ広告」から選ぶことができます。

忍者AdMaxは儲かるか

以前、1か月のpvが10万pvほどのアダルトサイトで忍者AdMaxを使用した経験があります。忍者AdMaxがどれくらい儲かるのか、結果を共有していきます。

忍者admax

上記が1か月間広告を掲載した場合の報酬結果です。10万回以上広告が表示されて、その内45回広告がクリックされています。そして、その報酬はわずか「185円」です。

忍者AdMaxの広告は、インプレッション広告よりクリック広告の方が報酬単価が高く設定されています。そのため、単にpvが多いだけでは高い報酬を得ることができず、いかに広告をクリックさせることができるかが重要になってきます。上手くクリックさせることができなければ、私のように報酬を稼ぐことはできません。

無題

次に、上記に掲載した図が、広告別の表示・クリック回数と確定収益です。上述した通り、忍者AdMaxは複数サイズの広告から好きなものを選ぶことができて、1つのWebページにつき3つの広告を貼ることができます。もちろん、3つ全ての広告を貼った方が報酬は増えますから、サイトのデザインが崩れたり、広告が増えてサイトのユーザビリティが損なわれない限り、全ての広告を貼る方が良いでしょう。

上記の報酬結果を見れば分かりますが、広告のサイズや広告を掲載する位置などによって広告クリック回数にばらつきがあります。私の場合、右サイドバーの一番上に貼っていた300×250の広告が最もクリック回数が多く、報酬も高くなっています

忍者AdMaxの活用方法

忍者AdMaxは、Google AdSenseを使えないサイトで、かつpv数が多いサイトであれば、利用する価値はあります。しかし、Google AdSenseと違って報酬単価が低い分、忍者AdMax単体では十分なアフィリエイト報酬を得ることは難しいでしょう。そのため、商品が売れたら報酬が発生する成約型の広告を中心に宣伝し、おまけ程度に忍者AdMaxを利用すると良いと思います。忍者AdMaxは簡単に始められますので、一度自分のアフィリエイトサイトでどれ位の報酬が得られるか試してみて、その後も利用を続けるのか判断してみて下さい。

また、スマホ向けのクリック広告で有名なものに「nend」というサービスがあります。こちらは、大手ASPとして非常に有名な「A8.net」を運営している「ファンコミュニケーションズ」という会社が展開しているスマホ向けアフィリエイトプログラムになります。

こちらは、忍者AdMaxと違ってインプレッション広告がなく、クリック広告しかありませんが、クリック単価が8円~10円とそこそこ高く、忍者AdMaxよりも高い報酬が得られると思われます。そのため、Fc2ブログのようにPCとスマホで異なるテンプレートを設定できる場合には、PCテンプレートには忍者AdMaxの広告を貼り、スマホテンプレートにはnendの広告を貼るのがオススメです。

 - アフィリエイトの稼ぎ方