アフィリエイト初心者が大金を稼ぐブログ

ブラック企業を退職した管理人がアフィリエイトで四苦八苦している様子を公開します

*

2016年8月のアフィリエイト近況報告

      2016/09/28

ひまわり

本格的に夏に突入しました。毎日暑い日が続き、外出するのが面倒になります。でも、ずっと家に引きこもっていると不健康です。専業になってから太りました。それでは最近の状況について書いていこうと思います。

衝撃的な事件が発生

ご存じのように、最近アダルトアフィリエイトで衝撃的な事件が発生しました。アダルトサイトが問題を指摘されたことだけではなく、その後のアフィリエイターへの対応も含めて色々と不満や不安はあります。長い年月と労力をかけて必死にアフィリエイトサイトを構築してきた人もいたはずです。該当のアダルトサイト名で検索すれば、無数のアフィリエイトサイトがヒットします。中には、かなり多くの記事を投稿している巨大なサイトを見つけてどうするのかと気になっていましたが、やはり軒並み閉鎖しているようでした。苦労して作ってきたアフィリエイトサイトが一瞬にして無価値になってしまったアフィリエイターが多数いることについて、問題を指摘された側のASPはどのように考えているのでしょうか?

今回の件はまだ解決に至っておらず、今後どのような方向へ進展していくのか全く分かりません。正直とても不安ですし、無事に解決して二度と同じような問題が発生しないことを期待するばかりです。個人的には、今回の件をかなり重く捉えています。将来的に同様の問題が再発するようであれば、該当のASPだけではなく、アダルト系のジャンル自体から離れるアフィリエイターも多く出てくるでしょう。お盆の時期は稼ぎ時なのに、今回の件を受けてモチベーションが低下しています。

順調に新規アダルトサイトのアクセス数が増加

比較的新しく制作したアダルトサイトのアクセス数が順調に伸びてきました。現状では1日に1500PVくらいはアクセスが来るようになっています。大手のエログなどと比較すると弱小サイトのレベルですが、レビューサイトの場合はこれでも十分に報酬が発生する規模です。ただし、過去に自分ではSEO的に何も悪いことをしていないつもりなのに、自動ペナルティみたいな感じでアクセスが激減したサイトがあったので安心はできません。

それにしても、アクセス解析を見ていると、スマホでのアクセスが多いことに驚きます。全体の60%近くはスマホからの流入です。個人的には、あんなに小さな画面でアダルトサイトを閲覧することについてあまり理解ができないのですが、世間一般の実態は違うようですね。

記事の外注サービスを利用した結果

前回のブログで、記事の外注サービスを利用したことを書きました。ノンアダルト系のサイトに外注会社から頂いた記事を投稿しましたが、残念ながら今のところ効果は実感できていません。「namaz.jp」によるとGoogleの検索順位に大きな変動があるようで、当該サイトもアクセスが多い日と少ない日があって安定していません。

「真面目に記事を書いてもアクセスが伸びない」、アフィリエイターにとっては珍しいことではないかもしれませんが、かなり厄介ですよね。諦めずに記事を書き続ければいつかアクセスが増加する日が来るのか、それとも気がついていない悪い要因があって記事を書いてもアクセスが伸びていないのか、なかなか判断することは難しいです。私の場合、いくら記事を投稿してもアクセスが伸びなかったり、ましてや下落するような場合には、諦めて放置することが多いです。気が向けば、そのサイトを完全に閉鎖してインデックスからも削除し、新たなドメインで再開することもあります。

WEBデザインの勉強

最近、WEBデザインの勉強を始めました。インターネットでデザイナーの方のブログを読んだりして、HTML5やCSS3を少しずつ勉強をしています。また、美しいWEBサイトに出会ったときは、ブラウザの開発ツールを使ってCSSを調べることが多いです。

アダルトサイトやブログ形式のアフィリエイトサイトを運営している場合、正直デザインの知識はそんなに求められません。どちらかと言えば、テキストの方がずっと重要だと思います。しかし、最近は新たなことを学ぶ機会が減っていて人間的に退化する一方なので、デザインの勉強をすることは純粋に楽しいです。完全に独学で成長速度は遅いですが、いつかはそれなりにおしゃれなサイトも作れるようになりたいです。

 - アクセスアップ, アフィリエイトの失敗, アフィリエイトの稼ぎ方, アフィリエイト近況報告