2019年10月のアフィリエイト近況報告

久しぶりの投稿になります。長い間ブログを放置してすみませんでした。時代は令和になり、アフィリエイトの状況も昔とは変わってきています。最近のアフィリエイトの話題などについて、ダラダラと思うことを書いていきます。

お久しぶりです

長い間ブログを放置していました。久しぶりに当ブログのアクセス数をチェックしてみたら、やはり大幅に減っていました。アフィリエイトは不労所得と言われますが、検索エンジンからの流入に頼るのであれば、実際には新たに記事を書いたり、以前の記事をリライトしたりといった作業を継続しなければいけません。

当ブログは常時SSLの対応をしていませんでした。SSL化はSEO的にも多少の効果があると言われ、何よりGoogle Chromeのブラウザで開いたときに警告が出るのを避けられます。常時SSLにしたらアクセスが激減したといった記事を見かけますが、私が過去に対応したときはアクセス数は減りませんでした。個人的にはSSL化はメリットの方が大きいと思います。

サイトの規模にもよりますが、慣れればそんなに時間はかかりません。今回も作業自体は1時間くらいで終わりました。WordPressなので「Search Regex」のプラグインで「http」を「https」にどんどん置換していきます。その他には、301リダイレクトの設定、Googleアナリティクスの修正、Google Search Consoleの再登録などをすれば、対応は完了です。後はGoogle Search Consoleでサイトマップを登録し、URLの検査ツールでクロールをリクエストして、サイトが移転したことをクローラに伝えます。

ついでにPHPとWordPressのバージョンアップを行い、気分転換にテンプレートの変更も行いました。まだ対応が終わっていなくてデザインが崩れているところもありますが、徐々に修正していきたいです。

target=”_blank”のアフィリエイトへの影響

最近のアフィリエイトにおける事件といえば、「target=”_blank”」の対応があります。詳しい内容を私は調べていないので間違っているかもしれませんが、簡単に説明すると、リンクに対して「target=”_blank”」の記述があると、一定の条件下においてページが開かなかったり、アフィリエイトの成果が発生しない可能性があるというものです。そのため、大手ASPはアフィリエイトリンクから「target=”_blank”」を削除することを推奨しています。

「target=”_blank”」があると、悪意のある遷移先のページから元ページを操作できてしまうというセキュリティ上の脆弱性は、結構前から言われていたと思います。それを受けてか、ある時期からWordPressで「target=”_blank”」を記述すると、記事を更新したときに「rel=”noopener noreferrer”」という属性が自動で追加されるようになりました。また、OSとブラウザの組み合わせによる一定の条件下においては、セキュリティの対策なのか「target=”_blank”」があるとページが開かないという状況もあるみたいです。

WordPressでは属性が自動で追加されるから問題がないかと思いきや、今度は「noreferrer」があるとリファラー情報が渡されずに、アフィリエイトの成果に影響がある可能性も言われています。

最終的な対応方法としては、「target=”_blank”」も「rel=”noopener noreferrer”」も何もないリンクにするか、大手ASPから配布されるアフィリエイトタグには「rel=”nofollow”」だけ付いているようです。

以前は、内部リンクは「target=”_blank”」を付けず、外部リンクには付けるといった方法が主流でした。現在はスマホが浸透して「target=”_blank”」はあまり意味がなくなりましたが、昔に作ったサイトであれば「target=”_blank”」がたくさん付いている場合もあると思います。自分の管理下にあるサイトであれば修正できますが、例えばWebサイトの制作会社がクライアント向けに作ったサイトなど管理下にない場合もあり、今回の件が与える影響は大きいと思います。

大手アダルトASPの移転

「Affiliate Creative Engine(ACE)」というアダルトアフィリエイトの大手ASPが、新しい運営先として「Golden Gateway」に譲渡されました。加盟サイトはACE時代と似たような感じで、あいかわらず報酬率は初回から40%と一般的な物販アフィリエイトなどと比べれば異常に高く、アダルトアフィリエイト特有の継続報酬もあります。今のところ加盟サイトは順調に更新されていますが、最近も送金リクエストにバグがあったという報告があり、正常に運営が開始されるまではしばらくかかりそうです。

ACE時代には途中から報酬の支払いがストップしていましたが、今後は一定の条件を達成するとGolden Gatewayから未払い報酬が支払われるようです。その条件が少し複雑で、まずは月ごとに分割で支払い、しかもGolden Gatewayで新たに発生したアフィリエイト報酬を上限に支払われるというものです。つまり、Golden Gatewayで新たに稼いだ分だけ、ACE時代の未払い報酬をもらえるということです。

本来は過去に獲得した報酬は全額無条件に支払われるものだと思いますが、アダルトアフィリエイトの場合は突然報酬が支払われなくなることもあるので、条件があっても支払われるだけ良いのかもしれません。なお、私の個人的なアダルトアフィリエイトへの取り組みは別の記事で書きたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です